いろんな結婚式に出て思うこと

二十代後半になる頃から友人知人の結婚式によく出るようになりました。それまでの結婚式のイメージは親戚の披露宴でテーブルに座って知らない人の話を聞かされて、よくわからない盛り上がりがあったりして、ただひたすら食べているような感じでした。しかし最近では身近な人などの結婚式ですから昔のことをよく知っているのでいろんな方がされるスピーチなども面白く聞くことができ、とても有意義な結婚式だと思えるようになりました。

またそれぞれにいろんな披露宴のこだわりがあり、見ているこちらが恥ずかしくなってしまうものもありますが、一生に一度のことですからそれもまたいい思い出になると思います。それとこちらも何かをして盛り上げなくてはいけないので、スピーチをしなくても結構準備が大変でもあります。ああこれが子供の頃に思ってたわけの分からない盛り上がりかと思うと少し恥ずかしくなったりしますが、これも結婚式を盛り上げる大役だと思ってがんばっています。

それに加え最近では、今までのそれぞれの生い立ちを紹介する映像や二人の馴れ初めなどを映像化しているものもあります。そういったものだととても親しみがわき、わかりやすくてとても面白いと思いました。結婚式はいろんな流行があると思います。大きな結婚式場でするのもいいですし、また身近な人たちだけで行う小さなものでも気持ちのこもったとてもいいものもあり、いろんな形があっていいと思います。でも一生に一度にしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)