印象に残る結婚式の写真を撮ろう

素敵な結婚式は記憶に残るものである。しかし、写真に残しておくと、もっと素敵な思い出になる。結婚式の写真は誰に頼んでもいいのだが、ぜひ結婚式の写真を専門としているプロにお願いしたい。たかが写真、されど写真である。世界中にカメラの愛好家がいるように、写真ひとつとっても、撮る人のセンスが強く反映されると言っても過言ではない。せっかくの結婚式を撮ってもらうのであれば、やはり数々の結婚式をこなしてきたカメラマンが適役であろう。

また、結婚式のカメラマンは女性にお願いするといい。実際、わたしも女性のカメラマンにお願いしたのだが、カメラの視点に女性らしさが現れているのだ。例えば、裾の長いウェディングドレスで階段の下から撮ってもらったのだが、花嫁本人よりもドレスの美しいレースの裾を焦点に当ててくれた。その他の小物もたくさん写真に収めてくれた。結婚式そのものを切り取ってくれているようなカメラワークで、非常に感動する写真を残してくれた。

しかし、どんなに美しい写真を撮ってくれるカメラマンが相手でも、自分の理想とすべて合致するわけではない。ほとんどのシーンをお任せしても問題はないと思うが、どうしても撮ってほしいというシーンがあるのであれば、事前の打ち合わせで依頼しておくべきである。結婚式はあっという間に終わってしまう。感動的な瞬間はすぐさま流れてしまう。その瞬間を1枚1枚大事に写真におさめてくれるカメラマンと一緒に素敵な記憶を刻んでいってほしい。